会長年度方針

クラブ会長

名古屋昭和ロータリークラブ
2021~22年度会長
小坂 達也
2021-22年度 クラブ会長方針

『縁 - ロータリーに感謝』

名古屋昭和ロータリークラブ会長方針

 本年度の名古屋昭和ロータリークラブ会長方針は、「縁 - ロータリーに感謝」とさせていただきます。ロータリーの中で、たくさんの人々と出会いながら学び、成長させていただき、どれだけ感謝しても足りることはありません。私はロータリーの奉仕活動をするにあたって、誠実で謙虚な気持ちで取り組む姿勢が重要だと思います。
 
 昭和ロータリークラブは、今年で30周年を迎えます。今までの会長、幹事の皆様、会員の皆様に感謝し、これから50年、100年と継続していけるように、真のロータリアンを目指して、頑張っていきたいと思います。
 
 今年もコロナウイルスによる影響が続くように思われます。例会や様々な活動が予定通り行われない場合があると思いますが、臨機応変に対応し、皆様といっしょに楽しいロータリークラブづくりを目標にしていきたいと思います。ご協力よろしくお願いいたします。
 
 本年度のRI会長 シェカール・メータ氏は、人々ために奉仕し、その人生をより豊かにするために援助していただきたいという理由から、2021-22年度のテーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」(Serve to Change Lives)とされました。
 
 また、沓名ガバナーは、目の前の新型コロナウイルス感染拡大に対して、ロータリーとしてやるべきことは何でしょうか。将来を脅かす地球温暖化に対して、カーボンゼロを目指す時代に、ロータリーはどのような奉仕ができるのか2760地区として考え、行動に移したいと思い、
 
本年度の地区方針は、「チェンジロータリー 新時代への成長に!」

~コロナゼロ・カーボンゼロ支援~
とされました。

重要課題

  1. 実りあるロータリー活動を実践しよう
  2. 会員増強、退会防止
  3. 創立30周年記念事業の開催
  4. 卓話の充実
  5. 国際大会への参加